« 芥川賞・直木賞選考会は今日! | トップページ | 伊坂幸太郎『魔王』 »

2006年1月18日 (水)

予想的中!

という訳で、1つ前の記事の予測はほぼ的中です。

芥川賞に絲山秋子「沖で待つ」(文學界9月号)、直木賞に東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋)。自分で読んで評価したものにしかアフィリエイトは貼らない方針だが、考えてみたら、まだ読んでない(でも読むつもりでリクエスト中ではある)東野圭吾も、下の記事で既にリンク貼ってあるので、いいや、絲山秋子もアフィ貼ってみましょう。祝受賞!

ニート ニート

著者:絲山 秋子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

袋小路の男 袋小路の男

著者:絲山 秋子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

イッツ・オンリー・トーク イッツ・オンリー・トーク

著者:絲山 秋子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

逃亡くそたわけ 逃亡くそたわけ

著者:絲山秋子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海の仙人 海の仙人

著者:絲山 秋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スモールトーク スモールトーク

著者:絲山 秋子
販売元:二玄社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


全部で6冊ですね。

まだ文庫化された作品もない...純文学やって、食べていくのは大変だ。

芥川賞を取ったことで、少しはメジャーになるか? でも意外とそうでもないのが芥川賞の難しいところです。

お、本人が更新してるっぽい公式サイトハケーン。

メッタ斬りサイトに出ていた、受賞作のあらすじ。

>> 及川と太はバブル期に同じ会社に就職した。恋人同士ではなく、同期の友人だ。太は会社の先輩と結婚している。

>>二人が出会ってから何年かたち、バブルが終わったころ、太は及川に突然「協約結ぼうぜ」と提案する。自分が死んだあと、残っていていちばんやばいのは、パソコンのハードディスクだ。だから、「先に死んだ方が、相手のパソコンのHDDを破壊するのさ」と。

>>その名の通りよく肥って死にそうにも思えなかった太が、ある日突然、飛び降り自殺に巻き込まれて死んでしまう。及川は、太が単身赴任していたマンションの部屋に忍び込み、HDDを破壊した。

えーと、じゃあ、及川は太のHDDを破壊してあげますが、及川のHDDは一体どうすればいいんでしょう?

及川はずっと誰かと死んだらHDD破壊契約を結び続けるのかしら?

すみません、くだらない突っ込みで...。

« 芥川賞・直木賞選考会は今日! | トップページ | 伊坂幸太郎『魔王』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14615/390911

この記事へのトラックバック一覧です: 予想的中!:

« 芥川賞・直木賞選考会は今日! | トップページ | 伊坂幸太郎『魔王』 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト