« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月24日 (金)

2002年09月23日(月) パブロ・カザルス 鳥の歌

パブロ・カザルス 鳥の歌 Book パブロ・カザルス 鳥の歌

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日、藤原真理のチェロのコンサートに行って、アンコールに「鳥の歌」を聴いて、色々思い出した。

わたしがこの、スペイン・カタルーニャ地方の民謡である「鳥の歌」という曲について、初めて名前を知ったのは、大橋鎮子編著『すてきなあなたに』(暮しの手帖社)を読んだ時である。この本については既に、この「本棚爆撃」の2001年03月12日の「しわのない(少ない)肌のために」という項で触れているが、25年も前に読んだのに、今も大きな影響をわたしに与えている、なかなか自分の生涯の中で重要な役目を担っている(大袈裟か)本である。
で。この本の中で、晩年のカザルスが国連か何かのコンサートでこの「鳥の歌」を弾くシーンをテレビで見た、という話が出てくるのである。カザルスは、弾く前に、この曲について、短い解説をする。カタルーニャの空を、鳥がピース、ピース、と鳴きながら飛ぶのです、と。フランコ政権を容認せず、故郷の地を踏まないまま亡くなったカザルスのことを思い出すと、それはもう世界史の中の出来事のようである。カザルスの望んだピースは本当に訪れたといえるのか?

わたしが実際にこの「鳥の歌」を聴いたのは、それから15年以上たってからのことである。カザルスがミエスチラフ・ホルショフスキー(ピアノ)、アレクサンダー・シュナイダー(ヴァイオリン)と共にホワイト・ハウスで、ケネディ大統領を前に演奏したコンサート(1961.11.13)のCDの末尾に、「鳥の歌」が入っている。CDの演奏はピアノ伴奏がついたもので、昨日藤原真理がチェロ独奏で弾いたものとはちょっと雰囲気が違ったが、カザルスが願ってやまなかった平和、というものについて考えさせられたことは言うまでもない。

そして、『パブロ・カザルス 鳥の歌』という本がある(ジュリアン・ロイド・ウェッバー編、池田香代子訳、筑摩書房)。
昔、Nifty-Serveのパソコン通信のサービスの中でホームパーティという、個人会議室を持っていたことがある。今の掲示板のようなものか。自分の友人に案内して、来てもらったホームパーティのテーマは「読書」で、来て下さった方が自分の好きな本について語ってくださったのだが、FCLA(音楽フォーラム・クラシック)で知り合った荒神さんというチェロ弾きの人が勧めてくれたのがこの本だった。伝説のチェリストの言動を、本人もまたチェリストであるウェッバー(CATS等のミュージカルの作曲家アンドリュー・ロイド・ウェッバーの兄弟)がまとめたもの。アフォリズム集、といった感じか。読むと、カザルスの人となりが目の前に現れてくるような気がする。

ちょっと長くなるが、この本の冒頭でカザルス自身が語った「鳥の歌」についての文章を引用しよう。カザルス自身の演奏ではないが、同じようにチェロを愛する人が弾いた「鳥の歌」を聴けたことを純粋に歓びたい。

「私は、カタロニアの古い祝歌(キャロル)『鳥の歌』のメロディでコンサートをしめくくることにしています。その歌詞はキリスト降誕をうたっています。生命と人間にたいする敬虔な思いにみちた、じつに美しく心優しいことばで、生命をこよなく気高く表現しています。このカタロニアの祝歌のなかで、みどりごを歌い迎えるのは鷹、雀、小夜啼鳥、そして小さなミソサザイです。鳥たちはみどりごを、甘い香りで大地をよろこばせる一輪の花にたとえて歌います」

すてきなあなたに すてきなあなたに

著者:大橋 鎮子
販売元:暮しの手帖社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年2月23日 (木)

RSSリーダー

このブログは、@Niftyのココログフリーというのを使っています。

このブログのサービスの中に、アクセス解析、というのがあって、でも、そんなに細かいデータは出なくて、日ごと時間ごとのアクセス数を棒グラフで表してくれるだけで、別にアクセスしてくれた人のIPとか、リンク元URLとかは出ません。金出せばもっと詳細なデータがわかるのかな?

わたしは既に本読み用のblogを一つ持っていて、ヤプログというサービスを使っているそちらは、結構細かいアクセス解析をしてくれます。

既にこちらのブログに転載している、『ハチミツとクローバー』の論評の中で、真山くんとスガシカオが似ている、というようなことを書いておいたら、「真山 スガシカオ」というキーワードで来ている人が結構いたり、あとは、「デルトラ・クエスト」をキーにして来ている人なんかも結構います。

あちらのブログは、昨年11月以来更新してないのだけれど、今解析見てきたら毎日最低2,3人、多い日は10人以上の人がアクセスしてくれている! でもって、こちらのブログも不定期更新(しかも過去の使い回し多数)なのに、毎日コンスタントにアクセスがあります(こちらはリンク元は不明ですが)。

ただの想像ですが、たぶん、これは、こことかあっちとかのブログを、RSSリーダーに登録してくれている人がいらっしゃるからなんでしょうね。RSSリーダーに取り込んでおくと、ブログが更新されるとリーダー上でそれがわかるようになっていて、すごく便利なんですが、本人がチェックしにいかなくても、RSSリーダーが見に来ただけで、1回アクセスした、ってことになるのかしら?

そうなると、逆に、カウンタとか解析とかの数字に意味があるのかわからなくなっちゃう(取り込んでるだけで、読んでないのかもしれないし)。アクセス数が増えるのは嬉しいけれど、今までだったら、自分で来て、ざっとでも目を通さないと数字は増えなかったのが、RSSリーダーが勝手に取っていって1つ、なので、便利だけれど、データがあてにならなくなってしまったのが、このRSSリーダーの時代なのかな、なんて思ったりもする今日この頃です。

確かにRSSリーダーはすごく便利なんだけどね。知り合いに、日記をRSS対応にしないの?、ときかれたこともあり。もしかしたら最近のホームページ製作ソフトでは従来のHTML書きの文書でもRSS化出来たりするのかしら?

もしそうだとしても、そうしたらアクセス数は伸びそうだけれど、別に読者が増えている訳じゃない、ってことになりそうな気もする。

まだ、今のままでいいや...。いずれにせよ、どのページでも、読んで下さっている方、どうもありがとうございます!

2006年2月15日 (水)

『嫌われ松子の一生』(2003.10.10の日記より)

映画化記念! という訳でもないが、昔の日記を発掘。この感想文を読んで、わたしの友人はわざわざamazonで本取り寄せて読んで、更に家にお手伝いに来ていた女の人まで持ち帰って読んだらしい。当時からアフィリエイトやっていれば!!(笑) わたしが読んだ単行本は既にアフィリエイト対象外だったので、文庫本の方で。でも本の装丁のきれいさはなんと言っても単行本だったのだが...。

嫌われ松子の一生 (上) 嫌われ松子の一生 (上)

著者:山田 宗樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

嫌われ松子の一生 (下) 嫌われ松子の一生 (下)

著者:山田 宗樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎)を読む。昨年、本屋の店頭で、本の表紙を見たときから気になっていた本だが(赤い鹿の子模様の千代紙の表紙で、なんだか心に残るのだ。それに「嫌われ」ってなんだよ、と、タイトルも面白い)、単行本で見たときも、最近文庫に落ちたときも、もう一歩のところで買えず、そうしたら図書館で発見したのだった。優等生として育ち、国立大学を卒業して中学校の教師になった松子がどういうきっかけで「嫌われ」松子の人生を歩むことになったのか、松子の死後、初めて松子という伯母の存在を知った甥が、松子の足跡をたどる現在と、松子自身のモノローグで語られる半生が縒り合わされるように描かれ、読者はため息をつかずにいられない。勤勉で真面目な気質を持ち、どんな環境ででも努力をする才能を持つ松子が、一種の極限状況に置かれたときに、思いもかけない行動を取ってしまう、そういう一面を持っていたため、本人すら想像もしなかった流転の人生を歩むことになってしまう、その過程が、昭和40年代から今日に至るまでの時代背景と共に描かれる。自然とページを繰る手が早くなる、不思議な力を持った本だった。

2000年6月:庄野潤三を読み、至福の時を味わう

鳥の水浴び 鳥の水浴び

著者:庄野 潤三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一昨日(2000.6.18)の朝日新聞の書評欄に、庄野潤三『鳥の水浴び』(講談社)の書評が出ていた。
松山巌(評論家)によると、若い友人と本の話をしていて、庄野潤三の話題が出たことがあり、驚いたとのこと。わたし自身、友人等と話をしていて、庄野潤三の話題になったことはない。淋しい。誰かと心置きなく庄野潤三の話をしたい。
と言っても、まぁ、別に評したり論じたりするような本ではない。こういう件りがよかったねーとか、そんなことをぽつぽつ話し合うだけだろう。

もう何年も、庄野潤三は文芸誌に、老夫婦の生活を描いた連作短編(エッセイに近いような気もするのだが、一応小説、というカテゴリに入るらしい)を1月から12月まで連載し、次の年の春先に、文芸誌を出している出版社から単行本を出す。特定の雑誌でなく、毎年大体違う雑誌に出る。去年は「群像」だったので、講談社から刊行された、という訳だ。たぶんそんなに沢山は刷っていないと思うし、文庫に落ちたりもしない。しかし、新聞に広告が出て、買いに行くと、注文しなくてもちゃんと店頭で発見出来るし、大抵、好意的な書評も出る。

初めて読んだのも、新聞の書評でいいことが書いてあったからだった。まだ実家にいた頃で、母が興味を持って、これ買ってきて、と言ったのだ。『インド綿の服』(講談社)、作者と、足柄山の奥に住む長女一家との交流を描く連作。とても楽しく読めた。
その後、今思いつくままにこのシリーズのタイトルをあげると『エイヴォン記』『誕生日のラムケーキ』『鉛筆じるしのトレーナー』『貝がらと海の音』『さくらんぼジャム』もっとあったと思う。実家とうちとばらばらになっていて、未整理だが、甘ったるいタイトルを見てもわかるように、どれもほんわかと、老作家の日常と、子どもや孫との交流が描かれている。何作も読んでいるうちに母は、悪人が出てこない、息子夫婦との交流もいっぱい出てくるのに、嫁姑の争いみたいのが片鱗もあらわれず、嘘くさい、と、ぶつぶつ言うようになったが、まぁ、だからこそ小説とも言える。繰り返し繰り返し、毎日の生活の中のささやかな喜びが語られる。読んでいて嬉しくなる。

10年ちょっと前にこの新作を読み始めてから、作者の古い作品も文庫で発見できる限り読んだ。
その中に「ひばりの子」という短編があり、デジャブが、と思ったら、中学校の国語の教科書に出ていた作品だった。当時は淡々としすぎていて、そんなに面白いとも思わなかったが、今読むと、既に世界が確立されていたことがよくわかる。

庄野潤三の作品については、なんの説明もいらない。ただ読んで、としか言えない。
ミステリもない。波乱万丈もない。
花を植えたり、おいしいおかずを近所にお裾分けしたり、宝塚歌劇を見に行ったり、孫の運動会を応援に行ったり、嬉しいこと、楽しいことが重ね重ねて描いてある。
何これふん、と思わず、一緒に嬉しさをわかちあってくれる人と、庄野潤三の話をしてみたい。

うさぎのミミリー うさぎのミミリー

著者:庄野 潤三
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ピアノの音 ピアノの音

著者:庄野 潤三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

けい子ちゃんのゆかた けい子ちゃんのゆかた

著者:庄野 潤三
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

孫の結婚式 孫の結婚式

著者:庄野 潤三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山田さんの鈴虫 山田さんの鈴虫

著者:庄野 潤三
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絵合せ 絵合せ

著者:庄野 潤三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

庭のつるばら 庭のつるばら

著者:庄野 潤三
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

貝がらと海の音 貝がらと海の音

著者:庄野 潤三
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

インド綿の服 インド綿の服

著者:庄野 潤三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メジロの来る庭 メジロの来る庭

著者:庄野 潤三
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

せきれい せきれい

著者:庄野 潤三
販売元:文芸春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夕べの雲 夕べの雲

著者:庄野 潤三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年2月14日 (火)

古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』(文藝春秋)

ベルカ、吠えないのか? ベルカ、吠えないのか?

著者:古川 日出男
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

古川日出男って...名前で損している気がするんだけど、どうでしょう? なんか名前が古くさくない? 実際はわたしよりも若い(いや、わたしより若いから若いってこともないのは認めざるを得ないが)んだけど、わたしより10や20年上の老練な作家みたいな雰囲気を漂わす名前だと思う<偏見でスマソ。

これは第2次世界大戦下のアリューシャン列島に取り残された軍用犬たち(ちょっと「南極物語」っぽい)の、犬の系譜の物語。誰が誰を産んでとか、えんえんと書いてあるのがちょっと(いや、かなり)ガルシア=マルケス『百年の孤独』みたい、とか思ったです...書き出さなきゃ絶対混乱(でもって、電車読書なので当然書いたりせず、とても混乱しながら読んだ)。ジャーマン・シェパードの系譜、北海道犬の系譜、血統書つきみたいな純血犬と、雑種、北の島に由来した犬たちが東(アメリカ)と西(アジア大陸)、北から南へと広がっていき、子孫たちの運命は色々なところで交錯する。犬の多産とドッグ・イヤー的成長の速さが、人間の運命とは全然違うスピードとダイナミズムで戦後史の裏で展開されている。勿論、それは神の視点をもつ作者(と読者)にしかわからないのだけれど。

ちょっと話が錯綜としすぎで、読みにくい面もあったが、大森望・豊崎由美コンビが絶賛しただけのことはある! 読書の醍醐味を堪能。

とりあえず『二〇〇二年のスロウ・ボート 』買ってあるので、次はそれを読んでみるさー。

(ひゃー、『百年の孤独』って、今文庫本とかで売ってないのね! 信じられん...)

百年の孤独 百年の孤独

著者:G. ガルシア=マルケス
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年2月 9日 (木)

2002年02月03日(日) 川上弘美『神様』中公文庫

神様 神様

著者:川上 弘美
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(注・後半に短編のひとつのネタを思いっきり割っていますので、これから読もうと思う人はご注意を)

短編集を読むのも楽しいのだが、1つの作品を読むのに費やすエネルギーが小さいせいか、読んでいるときは面白くても、あとになって思い出せない作品というのが結構ある。読書の無駄遣いしている感じ。
何かの小説の一節を思い出して、ああ、これは誰のなんという話だったっけなー、と思うことが結構ある。
しかし、この『神様』は違った。静かな物語ばかりなのに、訴えかけてくるこのインパクトは何だ?
日常と非日常が入り混じった静かな生活の感じは、あえて言うなら江國香織に似ていなくもないが、やはり違う。

表題昨「神様」、なんだか聞いたことある名前だ、と思ったら、昔、パスカル短篇文学新人賞(第1回)を受賞した作品だった。1994年。パソコン通信界の文学賞の嚆矢だ。
初めて読んだが、こんな作品とは思ってもいなかった。文庫本で僅か10ページの物語の中に、暑い夏の日が描かれている。近所に住むくまと散歩に出て、川で魚とり。「神様」は、最後にくまの話の中で一瞬あらわれ、「わたし」はくまの神様のことを考えながら一日を終える。川上弘美と相性が悪い人にとってはたぶん so what? なだけの物語だろうが、作者がこういうタイトルをつけたということを思うとまた、ずしんと心に響くものがある。

わたしが一番好きだったのは、「星の光は昔の光」という話だ。
主人公が隣りに住む男の子と交流する話だが、シチュエーションは山本文緒『眠れるラプンツェル』ととかと似ているけれど(もっと乱暴なことをいえば、北村薫『リセット』の第2部とか)、それぞれに、泣きどころがちょっと違う。
一緒にどんど焼きを見に行って、「わたし」と「えび男くん」は、こんな会話をかわす。

「あのさ、熱いっていう感じをかたちにすると、どんなかたちになると思う」火をみつめながらえび男くんがふと聞いた。
かたちねえ。かたち。やっぱり日かなあ。
「ぼくはね、熱いっていうのは、手を天に向かって差し上げてる太ったおじいさんみたいなかたちだと思う」
ふうん。それはなんだかおもしろいね。
「別におもしろくもないけどさ。じゃね、寒いっていうかたちは?」
寒い、ね。寒いはね、星みたいなものかなあ。
「ぼくの寒いはね、小さくて青い色の空き瓶だよ」(文庫版118ページより引用)

「あのね。星は、寒いをかたちにしたものじゃないと、ぼくは思うな」と答えた。
ふうん、とわたしが言うと、えび男くんは、
「星はね、あったかいよ」とつぶやいた。
「星の光は昔の光でしょ。昔の光はあったかいよ、きっと」きっと、と言いながら、えび男くんは鼻をくすんと言わせた。(同121~122ページより引用)

ああ、この一節を読んだだけでもこの本を読んだ甲斐があったよ、わたしは。

9つの短編(「マリ・クレール」に掲載されたらしい)がおさめられていて、基本的に独立した作品になっているが、「神様」と「草上の昼食」、「河童玉」と「クリスマス」と「星の光は昔の光」は、連作になっている。
川上弘美は淡々としているので、読むときの気分によって、すごく腑に落ちる時とそうでもない時があるが、今回(って電車の中で読んでいたのだが)はすーっとわたしの中に入ってきた。幸せだ。

Book 眠れるラプンツェル

著者:山本 文緒
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リセット リセット

著者:北村 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年2月 8日 (水)

ハチミツとクローバー(2004.08.05)

『ハチミツとクローバー』羽海野チカ作・集英社クイーンズコミックス・既刊6巻まで(記事作成当時。今は8巻まで出ています)
ハチミツとクローバー (1) ハチミツとクローバー (1)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー (2) ハチミツとクローバー (2)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー (3) ハチミツとクローバー (3)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー (4) ハチミツとクローバー (4)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー (5) ハチミツとクローバー (5)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー (6) ハチミツとクローバー (6)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー (7) ハチミツとクローバー (7)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハチミツとクローバー (8) ハチミツとクローバー (8)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



5巻だか6巻だかが新刊で出たときに、電車の中に広告が出ていたのである。
それまで、そういう名前の漫画があることすら知らなかった。
レディスコミックって手に取ったこともないしさ(掲載誌は「YOUNG YOU」)。
髪の毛のふわふわ長い女の子の絵で、美大を舞台にした恋愛漫画らしい、ということだけがその広告からわかった。普通、電車の中に1つの漫画単独の単行本の広告なんて出ないので、結構印象的だったが、それ見ただけで読もうとは特に思わなかった。

それから、春先に「AERA」を読んでいて、ヨン様人気に派生した記事として、眼鏡をかけた男性の人気が出てきている、というのがあって、その中に「ハチクロ」の真山君が紹介されていたのである。スガシカオの顔写真とかと並んでいて、なんとなく格好よかった。

あとは忘れたけれど、2,3箇所でハチクロの名前を聞いているうちに、なんとなく読んでみたくなった。漫画って、社会現象になったり、ドラマの原作になったりしない限り、漫画雑誌を読まない人には縁のない世界である。そうした中で、複数回、名前を聞く、というのはそれだけでひとつの力を持っている証拠である。

そうしたら、近所の友達が全巻所有していたので、思ったよりあっけなく、わたしはハチクロを手にすることが出来たのであった。

つづく・以下は参考文献(?)

ちょっと重たい紹介サイトはこちら

作者の日記が読めるHPはこちら
「この恋は空の色に似てるね」というコピーが付いたこの作品。
すれた心で読むと「おめーら何歳だよ!」と言いたくなる純真さ、プラトニックさ。
作品冒頭で最年少のはぐみが18歳、それが最新刊時点で既に22歳になろうとしていて、他の登場人物たちも相応にふけてきているのに、何年たっても少年少女の瞳をしている。

就職して忙しげにしている真山も含め、みんな学校の周りになんとなくいて、なんだか妙に狭いコミュニティの中で居心地よげにしている。
幸せそう。モラトリアムの中にいるようで、でもみんな何かが欠けた家族環境の中にいるようで。
何かを見ないようにしているのを、作品の中で触れないようにしているから、とてもきれいに見えるのか?
わたしたちは、作者が書いたところだけを見て、恋愛の切なさとか高揚感とか、美しさなんかに心を奪われていればいいのかな。
どのキャラも同じくらい好き。誰の恋も同じくらい純粋できれい。
(花山先生は?)
どうもなってほしくないけれど、どうにかなってほしい。
みんないとしい、みんな幸せになってほしい、そんな、物語。
これはユートピア(どこにもない場所)の物語なのかな。


2006年2月 2日 (木)

島本理生『ナラタージュ』(講談社)

ナラタージュ ナラタージュ

著者:島本 理生
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日記より。

読書初日:島本理生『ナラタージュ』(講談社)読み始めるが、眠くてあまり進まず...まだ「この恋愛小説がすごい!」(このレン、とか呼ばれるようになるのか? そんな感じしないなぁ)1位の片鱗にたどり着いていない、ただの生半可な青春小説みたいな感じ。

読書2日目:昨日は入り込むところまでいけなかった島本理生『ナラタージュ』(講談社)、今日はひたすら読む。夢中で読む。イマドキの若い人が書いた純文学系の小説にしては長い...色んな人が、色んな苦悩を抱え、誰かに何かを求めるが、自分自身は他の誰かに求められた何かを与えられていない、という、結構辛い小説。誰かに触れたいという気持ちとか、好きってこういうこととか、セックスしたいって、セックスしたくないってこういうこととか、そういうことが丁寧に書かれていて、説得力があるから、この小説は恋愛小説の金字塔(そこまで言うか)になったのだねぇ。わたしが作者くらいの年齢だった時には、こんなことは知らなかった。今だから共感できる、みたいなことが多くて、なんだか不思議。

その前に、同じ作者の『リトル・バイ・リトル』(講談社)を読んでいるのだが、『リトル・バイ・リトル』のふみと、『ナラタージュ』の泉は似ている。声もたてずに、静かに生きようとしていて、それを、誰かが外部から開こうとしている。

彼女(たち)には通っている芯があって、それを曲げることが出来ない。曲げない強さと、それで人に気を遣って疲れてしまう弱さとが同居している。

そんな声高に主張することのない彼女たちに訪れる恋は、淡く、美しい。こういう人になりたい、というのとは違うけれど、恋愛でこういう心の震えを体験できればどんなにかすてきだろう、と思わせてくれる。

この先、作者はどんな物語を紡いでくれるのだろう。すごく期待する。

リトル・バイ・リトル リトル・バイ・リトル

著者:島本 理生
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト