« ハウルの動く城 | トップページ | 天童荒太 『家族狩り』 »

2007年1月12日 (金)

ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー / 2004年08月05日(木)
『ハチミツとクローバー』羽海野チカ作・集英社クイーンズコミックス・既刊6巻まで

5巻だか6巻だかが新刊で出たときに、電車の中に広告が出ていたのである。
それまで、そういう名前の漫画があることすら知らなかった。
レディスコミックって手に取ったこともないしさ(掲載誌は「YOUNG YOU」)。
髪の毛のふわふわ長い女の子の絵で、美大を舞台にした恋愛漫画らしい、ということだけがその広告からわかった。普通、電車の中に1つの漫画単独の単行本の広告なんて出ないので、結構印象的だったが、それ見ただけで読もうとは特に思わなかった。

それから、春先に「AERA」を読んでいて、ヨン様人気に派生した記事として、眼鏡をかけた男性の人気が出てきている、というのがあって、その中に「ハチクロ」の真山君が紹介されていたのである。スガシカオの顔写真とかと並んでいて、なんとなく格好よかった。

あとは忘れたけれど、2,3箇所でハチクロの名前を聞いているうちに、なんとなく読んでみたくなった。漫画って、社会現象になったり、ドラマの原作になったりしない限り、漫画雑誌を読まない人には縁のない世界である。そうした中で、複数回、名前を聞く、というのはそれだけでひとつの力を持っている証拠である。

そうしたら、近所の友達が全巻所有していたので、思ったよりあっけなく、わたしはハチクロを手にすることが出来たのであった。

つづく・以下は参考文献(?)

ちょっと重たい紹介サイトはこちら

作者の日記が読めるHPはこちら
ハチミツとクローバー(承前) / 2004年08月05日(木)
前項で参考サイトを挙げたので、概要については省略。

「この恋は空の色に似てるね」というコピーが付いたこの作品。
すれた心で読むと「おめーら何歳だよ!」と言いたくなる純真さ、プラトニックさ。
作品冒頭で最年少のはぐみが18歳、それが最新刊時点で既に22歳になろうとしていて、他の登場人物たちも相応にふけてきているのに、何年たっても少年少女の瞳をしている。

就職して忙しげにしている真山も含め、みんな学校の周りになんとなくいて、なんだか妙に狭いコミュニティの中で居心地よげにしている。
幸せそう。モラトリアムの中にいるようで、でもみんな何かが欠けた家族環境の中にいるようで。
何かを見ないようにしているのを、作品の中で触れないようにしているから、とてもきれいに見えるのか?
わたしたちは、作者が書いたところだけを見て、恋愛の切なさとか高揚感とか、美しさなんかに心を奪われていればいいのかな。
どのキャラも同じくらい好き。誰の恋も同じくらい純粋できれい。
(花山先生は?)
どうもなってほしくないけれど、どうにかなってほしい。
みんないとしい、みんな幸せになってほしい、そんな、物語。
これはユートピア(どこにもない場所)の物語なのかな。

« ハウルの動く城 | トップページ | 天童荒太 『家族狩り』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14615/4903967

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー:

« ハウルの動く城 | トップページ | 天童荒太 『家族狩り』 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト